日本人に合った住宅|過ごしやすい家を探そう|一戸建ての魅力見つけた
住宅

過ごしやすい家を探そう|一戸建ての魅力見つけた

日本人に合った住宅

メンズ

寒くない窓です

北欧住宅の外観は、多くの方がすぐにイメージできるほど、日本人にも浸透しています。実際に北欧に行くと、日本人のイメージよりも多様なデザインの住宅が立ち並んでいますが、色合いや作りなどは概ね共通しています。北欧住宅が日本の住宅と異なる点として、窓の大きさがあります。日本にも掃き出し窓などの大きな窓がありますが、北欧住宅は採光のための窓が大きいことが特徴です。その大きな窓ですが、二重ガラスや三重ガラスを採用しているため、窓際に行っても冷気が伝わることがありません。壁や天井、床下にも断熱材が入っていますが、これは日本よりも非常に厳しい北欧の寒さに耐えられる性能を有しているものですのです。また、構造材も木なので、鉄骨造のような寒さを感じることがありません。

地震や火災にも強いです

北欧住宅は2×4工法という枠組み工法を採用していますが、これが高機密高断熱とともに、地震にも強い構造なのです。2×4は、壁だけではなく床や天井も全て一体となって家を形作っており、それが強さの理由です。また、2×4は火災の延焼を抑えることもできる構造です。家の耐久性についても、日本の在来工法の住宅が30年程度の寿命であるのに対し、北欧住宅は50年以上が一般的です。住宅は高い買い物ですので、長く快適に住み続けられることは大切なことです。高い耐久性の秘密は、水分含有率の少ない木材によって、結露による家自体の傷みを防ぐことや、2×4工法による家の強さにあります。北欧住宅は、日本人に合った住宅ですので、ぜひ多くの方におすすめします。